製菓専門学校でスキルを身につけよう

製菓専門学校では和と洋両方の製菓を学ぶことができる?

和と洋両方の製菓を学ぶ 菓子と一口にいっても、羊羹や大福といった和菓子はもちろんケーキやタルトといった洋菓子もあり、人によってどちらを想像するかは異なるでしょう。これらは発祥の地だけでなく、基本的な技術や考え方などにも大きな違いがあります。
多くの学校ではどちらかを中心に学ぶことがほとんどですが、和と洋の両方を学ぶことができる製菓専門学校も存在します。それぞれの基礎を身につけておくことで進路の幅が広がるのは言うまでもありませんが、メリットとなるのはそれだけではありません。製菓専門学校で和と洋のどちらも学ぶことで、より多面的な視点から菓子について考えることができます。
例えば和の技術や素材を活用した洋菓子の考案など、一方を専門的に学んだだけではできなかった発想やアレンジが可能になります。そのため将来的に和菓子職人やパティシエといったように、和と洋のどちらを扱うかを選択したとしても、製菓専門学校で学んだ知識が無駄になってしまうことはありません。

製菓専門学校ではお菓子以外の実習も行われているの?

お菓子以外の実習も行われているの? お菓子作りのプロとして働くためには、ただ菓子作りのスキルだけを学べば良いわけではなく、数々の実習を受ける必要があります。製菓専門学校であれば飲食店で製菓職人として働けるように、衛生管理の実習などを何度も受ける事が可能です。
衛生管理というのは毎日同じように行えば良いわけではなく、特定の食中毒の原因菌などが周囲で流行し始めた時の、特別な対処法を学ぶ場合もあります。状況に合わせて衛生管理のやり方を変える事により、飲食店などの経営もスムーズに行えるようになるからこそ、衛生管理の実習はとても重要です。
菓子だけでなくコーヒー作りなどの授業を受ける事もあり、コーヒーに合う菓子の作り方なども、しっかりと頭の中に入れた状態で製菓職人として働く事ができます。
製菓専門学校では惣菜加工などの授業を行われる事も多く、惣菜から菓子まで全てを作れる、オールマイティーな職人を目指す事も難しくないからこそ、製菓専門学校を頼る人は多いです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>